×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東京都の皮膚科をお探しの方々へ

東京都にお住まいで皮膚科の疾患でお悩みの皆様、

皮膚科全般の新しい情報に詳しい、ご要望どうりの医院の探し方を知りたくありませんか?

 

 

◆ 皮膚科疾患の症状と原因

目が痒い、鼻がむずむずする、よく咳き込む等という症状でお悩みではありませんか?

季節の変わりめにかゆい湿疹が悪化して我慢できずに苦しんだとい う経験はありませんか?

アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息は家族の誰かがかかっていれば確実にアトピー性皮膚炎です。

アトピー性皮膚炎は なかなか治りません。東京都等の都会の患者さんは何年もの間悩まされ続け日々悪化するので皮膚科医を転々と変えているそうです。

アトピー性皮膚炎は治療に 年月がかかります。高血圧の人や慢性糖尿病の人の治療と同じようにコントロールしながら長期の治療を続けていかなければなりません。

なかなか治らないから 又性急に原因を知りたいからと皮膚科医を転々と変えるのではなく、ステロイドを利用しながら気長に上手に年月をかけて治療していってください。

アトピー性 皮膚炎の原因は今でもまだ不明のままですが、遺伝的体質によるものであるという事は確かなようです。

皮膚がウイルス感染を起こしやすくなったり、汗などで 湿疹が悪化し又乾燥や寒さでも悪化しやすくなります。

しかし重病のアトピー性皮膚炎は環境汚染も関係があるのではないかと言われています。

 

◆ 人の皮膚は健康のバロメーター

 

皮膚は体の全てを包み込むとても重要な役割をしています。皮膚の内には心臓や内臓そして血管、筋肉、骨などたくさん有ります。

皮膚が無いと人は生き ていけません。内臓全体を総称して五臓六腑と言いますが、皮膚はその次にくる12番目の臓器なんです。

皮膚の状態を診ればその人が健康かどうかの判断がで きます。全身の鏡であると自覚して健康的で美しい皮膚を維持したいものです。

アトピー性皮膚炎は8割りの患者が5歳までの幼児期に発症します。近年では自 然治癒できず成人までひきづる人や成人してから発症したり再発している人が増えています。

原因に遺伝も考えられていますが、発展途上国では発症例が少ない と言う事から近代化の環境の変化で急激に悪化したと考えられています。

環境基準に定められている有害化学物質からの発症も数多く報告されています。自分で できる予防法としては皮膚をいつでも清潔に保ち、保湿を心がけて乾燥させない様にしてくだい。

長く伸ばした爪で皮膚を引っ掻くような事は決してしないよう に注意してください。日常生活での予防法を知ってアトピー性皮膚炎の苦しみから自分自身を守っていってあげてください。

 

◆ あなたのご要望にお答えできる東京都の皮膚科の見つけ方

アトピー性皮膚炎の原因が食べ物にあると分かったら食事制限をしなければなりませんし又シャンプーリンスや石鹸等による接触性皮膚炎の場合は低刺激 性で無添加の商品を使用してください。

アトピー患者向けとして販売されている物、敏感肌用などとうたって推奨される高価の物が必ずしも全ての患者に合うと いうものでは有りませんので実際に試してみてから自分に合うものを探してください。

最近では白内障や網膜剥離を合併するケースが増えてきています。あなた の皮膚に何かあれば皮膚科専門医に相談するようお勧め致します。

東京都皮膚科医会(TCDA)は、都内の皮膚科開業医、病院の皮膚科の勤務医、都内在住の 皮膚科医からなる団体です。

ホームページでは皮膚科全般の内容に関して多くの新しい情報を提供しています。

皮膚科医院の検索ページもあり、地域・住所名・ 病院名・キーワード・医師名・駅名の6項目から目的別に医院を探せます。

又往診可・110番協力医・予約制有りなどの条件を付けて探す事もできます。

不規 則な生活やストレス食生活の乱れや不潔な暮らしを止めて、睡眠時間を充分に取り清潔で規則正しい生活を送り一日も早く改善されますように。